2013年12月03日

クリスマスソング1

クリスマスソング1「妖精さん」

妖精さんがやってきて 恋人の舌を切り落とした
彼の舌が愛を歌うからだ
妖精さんがやってきて 恋人の腕を切り落とした
彼の腕が愛を綴るからだ
妖精さんがやってきて 恋人の足を切り落とした
彼の足が愛を踊るからだ
ネズミさんがやってきて 恋人を食べ始めた
切られたものではたりなくなったからだ
みんなが助けてくれるんだ
僕たちが嘘つきにならないようにって

by kosuke, tomoco
posted by cleansed at 13:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。