2014年06月07日

C.T.T.sendai主催「わたしたちのフィクション/ニッポン」

みなさま、お久しぶりです。智子です。
東京は梅雨入りして、どんよりしていますが、いかがお過ごしでしょうか?

さて、今月21日・22日に、仙台10-BOXで開催される「わたしたちのフィクション/ニッポン」に参加します。
3月にワークショップで出会った、C.T.T.sendaiさんの企画です。

10367743_725489884163704_7991847577832133735_n.png10290144_725489887497037_2682379718681999775_n.png


プログラム・ディレクターは、仙台の演劇人、C.T.T.sendaiのメンバーで、自ら「チェルノゼム」の代表も務める、小濱昭博さん。
そして、東京の劇団「重力/Note」の代表・演出家、鹿島将介さん、
大阪の「Pan///」の演出家で、シンポジウムの演出をしています、とおっしゃっていた伊藤拓さん、
京都に活動の拠点を持ち、現在海外公演にもいかれている村川拓也さん、
と、私、川口智子がプレゼンテーションを行います。
実は、80年〜83年生まれ、とほとんど同世代の私たち。
みな、それぞれに演劇を通して世界と対峙しようとしているので、
どんなお話が聞けるのか、どんな対話になるのか、かなり楽しみにしています。

私は、「コンテンポラリズム宣言(序)」というタイトルで、プレゼンさせていただきます。
内容は、、、うーん、まだ考え中、というよりも、21日の最新アップデートの状態で喋れるように準備していきます。

会場は仙台です。
私は、この企画が仙台で行われること、東京・京都・大阪の参加者が仙台に集まることがとても意味あることだと思います。
私たちはお互いのことをまだ何も知らないけれど、こうして集まることに同意しました。
facebookのお友達申請のような気軽さで。
でも、実際に、私たちの身体は移動して仙台に集まります。
生身のSNSです。

なので、ぜひ、みなさまもお運びいただければ嬉しいです。
今、仙台でしか話せないこと、あるかもしれません。あると思います。まだ、何かはわかりません。
それから、仙台/宮城県/東北方面で、ご興味持っていただけそうな方がいらっしゃいましたら、ぜひ、ご周知にご協力ください!
よろしくお願いいたします。

詳細はコチラ!
posted by cleansed at 13:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月24日

Viva Deathダイジェスト+C.T.T.sendaiワークショップ+第4回ひとりdeサラ・ケイン祭

みなさま、お久しぶりです。
クレンズドプロジェクト、川口智子です!

さて、遅くなりましたが、昨年末「Viva Death」のダイジェスト映像を公開しております。
ぜひ、劇場にてご覧いただきました皆様も、見ていただけませんでした方も、ご覧ください!



「Viva Death」はこのあと、ダンス映画製作を目論見、計画を進めております!

3月21日〜23日、仙台10-BOXにて、C.T.T.sendai主催による月いちワークショップを3日間担当してまいりました!
ワークショップでは、サラ・ケイン「4.48サイコシス」、コルテス「ロベルト・ズッコ」、佐藤信「絶対飛行機」、そして、岡田利規さんの「三月の5日間」から、舞台上での発語について、改めて挑戦してみました。
このワークショップの内容については、C.T.T.sendaiの素晴らしいまとめが公開されています。

ワークショップ終了後、参加者のみなさんと一緒に、「第4回ひとりdeサラ・ケイン祭」を開催してきました!
今、自分が語らなければいけないことの、カケラが見えたような気がしました。
まだまだ精進していかねばなりません。
ぜひ、ご覧いただき、忌憚なきご意見を頂戴できればと思っております!

これからもよろしくお願いいたします。

川口智子
posted by cleansed at 01:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月02日

Viva Death〔ビバ・デス〕構想中

早いもので、2014年もあっという間にひと月が終わりました。
最近では、陽射しもあたたかくなってきて、春がすぐそこまで、なんて気分にもなります。

1月はひとりdeサラ・ケイン祭を開催できませんでしたが、
2月には開催の予定です。また、twitter等でお知らせいたします。

Viva Death〔ビバ・デス〕構想中。

ひとつひとつ丁寧に、
イメージを集積、
アイディアも大胆に、
サラ・ケインと、幻のViva Deathと、東京2020年。
核戦争後の世界は、近未来のおとぎ話ではなく、現代の私たちの世界。

by tomoco
posted by cleansed at 17:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。